ようこそ真言宗醍醐派 秋葉山本坊 峰本院へ

静岡県静岡市清水にございます真言宗醍醐派 秋葉山本坊 峰本院は、

元亀二年(1571)十二月十六日天野小四郎景直により開山され

火防の守護神として近郷に名高く、古くは宮家、大名の祈願所として尊宗を得ていた由緒ある寺院であります。

静岡県内はもとより、関東地方・東海地方からも多くの参拝者の方々にお越しいただいております。

法事・納骨堂のご提供・ご供養・ご祈祷など、どなたでもご相談を承りますので、どうぞお気軽にお立ち寄りください。

峰本院の歴史と大祭について

峰本院の歴史と大祭について

火防の守護神として名高い峰本院の歴史についてご紹介をさせていただきます。

また、毎年清水の最後の祭りとして県内外より信仰を集める大祭についてご紹介をいたします。

当山は元亀二年(1571)十二月十六日天野小四郎景直により開山され火防の守護神として近郷に名高く、

古くは宮家、大名の祈願所として尊宗を得ていた由緒ある寺院であります。

>>詳しくはこちら

本尊 ~秋葉三尺坊大権現~

本尊 ~秋葉三尺坊大権現~

秋葉山は元亀二年(1571年)日光法印天野景直の開山により秋葉三尺坊大権現が祀られております。

秋葉三尺坊大権現(以下通俗的に、秋葉さま、と略称する)は、神道系の神さまのように思われている場合も

往々ありますが、実際は仏教系統の聖者である。その歴史をぜひご覧ください。

1.本尊の史伝 2.秋葉山の歴史 3.秋葉様の形像 4.白狐について 5.み教え・ご利益

行事予定

毎月18日午前10時より観音護摩厳修をいたしております。

どなた様でもお参りいただけますので、是非お気軽にご参加ください。